コラム

離婚したくない場合の奥の手はあるのか?

離婚したくないのに突然、離婚を切り出されてしまった・・・。

妻と離婚しそうだけど、離婚したくない場合の奥の手はあるのか?

  • 妻からの無視が続いている
  • 妻が突然離婚したいと別居になった
  • 夫婦関係がうまくいってない
  • 離婚したい妻の心理が分からない

離婚したくない場合は夫婦間の話し合い、離婚を回避するための書類手続きもしなければいけません。

そして、これから迫り来る家族の危機にどう対処するべきかを考えなければいけません。

頭の中が混乱しているかもしれませんが、妻が離婚したい気持ちになったのは、あなたも自覚できるかもしれませんがが積もり積もった不満から来たものでしょう。

これからどうしたいいのかと悩んでいる場合ではありません、今のあなたでもできることはまだまだあります。

 

離婚したくない場合の奥の手ってあるの?

全く異なる家庭で育った他人である男女2人が一緒に暮らしていけば、いやなことも出てくるのは当然です。
でも、あなたのやり方次第では離婚しない方法を見つけることができるはずです。

まずは不倫や浮気率を上げるきっかけの1つになりやすい別居、週末婚を認めないことが前提となります。

それでもどうやったら妻の心を変えられるのか分からない。

これからあなたが安易に感情だけで判断し行動するの絶対にやめてください。
このままでは、今までと一緒で妻はあなたに対してほんとうに離婚したいという気持ちが強くなってしまうからです。

そして、あなたがいくらあがいても妻は許してくれないことでしょう。

今のあなたがしていることは、次のようなことに当てはまっていませんか?

  • 取り乱して相手にすがり、ごめんねの謝罪ばかり
  • お互いのためと勘違いし別居する
  • このまま一人でもんもんと悩む
  • 相手の揚げ足をとりながら、勝ち負けをしようとする
  • お互いの両親も巻き込んで事態を大きくする

妻であればこれぐらいしても大丈夫だと思ってたなんて、妻のことを知人よりもあまり気遣いしなくてもいいという扱いをしてたって心当たりがあるかもしれません。

恋愛感情が薄れてしまうと確かにお互いに不満が出てくるのは仕方ありません。
妻であってもきちんとした立派な人格をもった一人の女性です。
あなたの都合で振り回されていて頭に来ないわけはありません。

このようなことが続くかぎり、妻がやり直したいという気持ちは起こりません。
なのでいくら謝罪してもダメという状況が続いてしまうのです。

では、離婚したいと思われたあなたにどんな原因があったのかを振り返ってみましょう。

 

離婚したくない、夫婦がうまくいってない主な原因

性格の不一致

共同生活で起こる小さな衝突の積み重ね
好きな気持ちがあれば許せたものが段々と許せなくなってしまう

 

金銭問題

そもそもお互いの金銭感覚がギャンブル、パチンコなども含めて違う
無駄使いや普段の買い物でもお金の使い方、管理方法で揉めている

 

モラハラ、肉体的DV

精神的に追い詰めて相手の心を蝕んでいたのかもしれない
ときには大声で威圧したり手を上げたりで強引に自分の思い通りに強行してきてはいないだろうか

 

異性関係

出会いはすでに毎日のようにあるもの。
過去も踏まえてお互いに異性関係でトラブル、ましてや気持ちがほかの女性にいったりしているのかも

 

性的不調和

日本ではレスというのは多く方の悩みとなっています。
男性はほかで女性を求めてしまのは本能的に仕方ないかもしれませんが、出来る限り妻の気持ちと体のことをいたわっていきたいものです。
それでも、子供ができたりすると母性本能が発揮されすぎ、さらにお互いに加齢とともに性的魅力が落ちていくのは仕方ありません。
どこまでフォローできるかは男性であるあなたの器次第ともいえるでしょう。

 

親戚問題

結婚したからには親族付き合いも避けられないところ、定期的に起こる親戚の集まりでの立ち回りはいかにきちんと妻の味方、気遣いをしているかどうかもあるでしょう。

尻に敷かれてという言葉があるように、あまり妻が強ければほかの昭和的な考えは今では通用しません。
夫婦主体、家庭が基本ですからその姿勢、妻のためにも気を使うべきでしょう。

 

酒トラブル

仕事や普段のストレスのためにアルコール中毒気味になっている方も多いかもしれません。
飲み過ぎでお金を使いすぎ、外出しすぎはもちろんよくありません。

お酒を飲むと気持ちが大きくなってしまうのもよくないことが多いです。
飲み過ぎで精神的にも経済的にも妻を苦しめていないかを見直したほうがいいです。

 

以上の観点から、もし自分の何が悪かったのか分かるのであれば、早めに改善できるようにすればいいのかもと思います。
でも、実はこの原因を直したとしても夫婦の関係はよくなりません。

しょせん他人との共同生活、とおもいきや一度妻が夫であるあなたを心の中で見切ってしまうと、取り返しがつかなくなってしまうものなのです。

一回でもやってしまったことは妻の心の中では負の貯金がされていきます。
女性は男性よりも先を見据えて心や気持ちが変わっていくものですから。

 

奥の手があるのか?妻からの離婚をやめさせる方法

夫婦関係が冷え切っていてどうしようもない。
相手が離婚したいと思っている、自分は別れたくない。でも妻は離婚の意思が固すぎる。

離婚を切り出された原因が、あなたの浮気やDVなどの原因があった場合には離婚回避するのは難しいかもしれません。

しかし、離婚を切り出された原因が行動や性格などの努力で改善できるものであれば、離婚を回避し夫婦関係を修復できる可能性があります。

まずは気持ちが落ち着くまで感情的に物事をすすめないようにしましょう。
時間がたっていろんな角度から見えてくるようになると、後悔してしまうのは避けたいものですね。

そして実は、まだ妻が離婚調停をせずに別居や話し合いだけで離婚を考えているのなら、まだ十分に修復のチャンスがあります。

それはまだまだ、妻の心の中でも迷いが生じている証拠。

ましてや子供たちの気持ちはどうなるのか、考えると心がはりさけそうでたまらない。
なのでこの状況であれば、あなたは今できることを精一杯やることで、妻からの離婚を回避する可能性を信じていきましょう。

というのもあなたは女性の気持ちを全然分かっていないから、女性の気持ちを学んで、もっと心に寄り添えるあなたに変わりましょうという提案です。

妻のいろんな言動や行動に対して、どんな対応をしていけばいいのかを、考え直す必要があります。

ここであなたがほかに気になる女性がいるのであれば別です。

子供の将来と妻との生活を取り戻したいのか、それともほかの選択を選ぶのかをはっきりと決めなければなりません。

 

妻の気持ちに落ち着いて対処すること

話し合いになれば、夫婦お互いの言動にイライラを我慢しながらということもあるでしょう。
なにしろ他人さらに男女の考え方も違うだからすべて会うわけはありません。

恋愛感情も薄れてお互いに気遣うような思いやりがなければ、衝突することも多くなります。

妻との関係をよくしたいのでよい方法がないかとネットやAmazonとかで探しても、なかなか良い本に出会うのが難しいかもしれません。

  • カウンセラーや弁護士に相談の方が早い
  • 自分の場合でも当てはまるかどうか
  • 離婚を回避できる方法なんてあるわけない
  • 値段相応の価値なのか心配

ほんとうにどうればいのかの正解というのは分からないものですよね。

ですから実際に、私も女性の弁護士さんに相談しにいったのですが、離婚ガイドの冊子をみながら法律的な説明と簡単なアドバイスのみ。
何も知らなれば、素手で戦争に望むようなもの、妻との会話での駆け引きではまったく勝ち目はありません。

なにしろ会話では女性には勝てないというのは普段から痛感しているかと思います。

 

離婚を考え直す手紙を奥の手にするには

「突然、離婚を切り出されツラい」、「離婚を回避するにはどうすればいいのか」

離婚寸前でどうしようもないとき、ではこれまでの話での交渉はあきらめるとして「どうしたら女性の心を変えられるのか」

そこで離婚を考え直す手紙をかいてみてはいかがでしょうか?

それでも女心は男には分からないものです。ほんとに雲をつかむような話におもえてるかもしれません。
ですから無策であればこのまま妻の思う通りに事が進んでしまうかもしれません。

離婚を回避するために、どうやったら妻の心に響くのか、自分がどのように変われば妻は納得できるのか?
女性というのは、男性にとってわからないところで判断され意思決定されているものです。

女性の心の本質を理解するには、もちろん書店に売っている本でも参考になるかと思います。
そして、学ぶことができるのであれば「妻が離婚したがっている」理由をみつめなおすきっかけになるのではないでしょうか?

これまでのように真正面から戦いを挑むのは無謀と言えるかもしれません。

ほんのささいなことでも大事なことだったり、思いがけない言葉で心が動いていたりするので、キチンとした手紙が書ければかなり効果があります。

-コラム