コラム

離婚を思いとどまらせる言葉|離婚を回避し相手を引き留めたいときの心構え

離婚を思いとどまらせる言葉

離婚を思いとどまらせる言葉が分からないと悩んでいませんか?

妻から突然離婚したいと言われても、そう簡単に離婚できるものではありません。

しかし、夫としては青天の霹靂だったとしても、妻としては積もり積もった段階を経ているので突然というわけではなかったのです。

男女の感覚差が出ているのは仕方ないとしても、離婚というのは生活の根底をくつがえすほどの大きなトラブルです。

ここで、どうやったら妻がの気持ちを考え直させる方法、どんな言葉を使っていけば効果的なのかを紹介していきます。

よろしかったら参考にしてみて下さい。

 

妻に離婚を思いとどまらせる言葉とは

恋人関係から夫婦になった時にはお互いを労りつつ尊敬する言葉遣いをしていたのにも関わらず、離婚が選択肢に出てくる場合には双方において言葉遣いが変化しているのと同時に、相手への尊敬の念も失われているものです。

そのため、プライドがあっても離婚したくない 助けてという正直な気持ちが伝わるように言葉選びをしつつ、態度でも示すのが大切です。

そもそも結婚というのは両者が一緒に生活をするという民法上の契約であり、お互いにその契約を破棄したいとなれば離婚という形になるということです。

妻が離婚したがっていても、あなたはすがりついて離婚したくない。
でも離婚したいとかしたくないのは、人それぞれですので他の人にとってはなぜって思われこともあるかもしれません。

  • 唐突に離婚を迫られた
  • 妻に好きな人ができた
  • 一方的に家を出て別居になった
  • 子供の将来が心配
  • 喧嘩が絶えず険悪な雰囲気

妻に離婚を引き留めるには、実はこれといった言葉都合はいいものはありません。

離婚したくない 助けての他にもう一度関係を修復してやり直したい気持ちを伝えるのも良いですが、離婚を決断させないためには力強くアプローチする方法の他に、意識的に落ち着きを確保するのも大事です。

離婚を切り出された方はまだ相手の事を好きであるものの、離婚を切り出した側が強い意志を持っている場合には、強くアプローチされるほどに尚一層離婚をしたい気持ちがなりやすい特性上、離婚したくない 助けてと懇願し過ぎるのではなく意識的に引いてみるのも良い方法です。

意識的に引く場合には、離婚を切り出された方がその場で判断をしたり離婚をしたくない気持ちを伝えつつ懇願するのではなく、時間を与えてもらえるように依頼しましょう。

一般的には、浮気されて体の関係があると女性は恋愛感情が起こってしまうともありますが、ケースバイケースでキスだけでも好きになるということもあります。

つまり、恋愛関係には絶対的な公式はないものと同様に、結婚にもパターンというのもありません。
夫婦となればなおさら当事者にしか分からないトラブルが多すぎかとおもいます。

特にいわゆるあなたが亭主関白であって、妻がほぼ家政婦状態になってるとモラハラの可能性もあります。

なので、妻が離婚を考え直す言葉というのも、人によっては異なってくることでしょう。

しかしながら女性特有の共通する感覚というものがあるため、どうやったら妻の気持ちを少しでも変えていきたいと思うのであれば、女性についての考え方を学ぶことが必要です。

例えば女性というのは、いくらたくましく見えたとしても、誰かに頼って守られていきたいという心の土台があります。

男性は「目的脳」、女性は「共感脳」と言われています。

つまり男性は正しいことをやっていると褒められれば自己承認を得られるので「頼りにしている」とか「いつも助かる」という言葉に弱い一方、女性は「大変だよね」や「おれも思うよ」という味方である、守ってくれていると実感できる言葉を好むものです。

妻に接する態度というのもあなたがその土台を顧みずに、自己の欲求を満たすためだけに反復を繰り返してきた問題から生じてきたというのも理由の一つであるでしょう。

普段からの思考から、あなたのすべての言葉や行動につながっているから変えていかなければいけません。

はたして今までの妻に伝える言葉一つ一つには、妻への思いやる気持ちが入っていたでしょうか?

一度これまでの態度を顧みて、妻のことを一人の人間として向き合うようにしてみましょう。

 

離婚したくないときに自分ができること5つ

ある日突然の妻からの離婚宣言というのは、男性にとっては青天の霹靂ですが、女性にとっては積もり積もったものが爆発している状況です。

  • 離婚届を持ってきても書かない
  • 話し合える状態か確認する
  • 冷静に原因を聞いてみる
  • 謝罪して改善策を提示する
  • 不倫に心当たりがあるならその場は応じない

突然に妻から離婚届を突き出されたら、精神的に不安定になるのは仕方ありません。

なんとか離婚しないで、夫婦関係を修復する方法はあるのでしょうか?

取り分けて懇願をせずに時間を与えてもらう事のみを希望してその場を収めると相手が感情的にならなくなるので、離婚という非常に大きな考えを相手に示した事が今一度自分の中でも考えられるようになり、再びお互いの事を思って夫婦関係が歩みやすくなります。

さらに、離婚を提示してきた側を思い留まらせる際に強力なのが、
離婚を切り出された方には特に改善すべき点や離婚に繋がる事が無くても、自身における反省すべき点を反省していると伝える事です。

多くの男性はもっと考える時間が欲しいし、気持ちが整理つかない状態になってしまうと思います。

平日の仕事も手につかない、人生のどん底になってしまったと感じるかもしれませんが、まずは何より心理的に冷静になれるような努力をするべきです。

人は恋愛のことや家庭のこととなると知能が低くなるとも言われています。

なにしろ、ここであなたが感情的にネガティブな考えや行動を起こしてしまい、それではなおさら離婚という結果になってしまう可能性が高くなるからです。

きっとあんな行動や発言をしなければよかったとあとから後悔してしまうでしょう、客観的にみればあきらかにバカなことをしてしまったと。

この現状を理解しないのであれば、事態は変わらず妻はあなたと別れたい衝動からは抜けられないのかもしれません。

仕事や趣味などの普段から使っているポジティブで建設的な思考になんとか切り替えをしていかなければなりません。

 

離婚したくないなら絶対にしてはいけないポイント5つ

妻が離婚したがってるのに自分は離婚したくないこんな平行線上になっていませんか?

本来であれば一本槍のみで離婚というものはできません。

何しろ婚姻というのは両者の意思に基づくものですから、片方が拒否してし続けていれば、調停や裁判という法的な手続きで離婚という形になってしまうこともあります。

それでも別れたくないからといって、NGな行動がいくつかあります。

  • 別居して距離を置く
  • 取り乱して相手にすがる
  • 一人で悩んでネガティブになる
  • 相手の弱みを突いて追い詰めて説得する
  • 法的に解決しようと弁護士事務所に相談依頼する

一般的なことではありますが、ケースによってはより多くのことがあるでしょう。

全く反省すべき点が無い事例はもちろん、日常生活の中など非常に小さな事であっても相手に詫びるべき事を見付けて相手に謝れば、相手に対して顕著に歩み寄る事になるため、離婚したくない場合 奥の手として有効的です。

また、子供を育てている夫婦である場合には2人の関係性だけを考えず、子供の将来の事にも目を向けて離婚したくない,、助けてと伝えると思い留まってもらいやすいです。

それでも離婚の原因となること、自分のどこがいけなかったのかを考えて悩み続けることはありません。
なぜなら妻があなたともうやっていけない、別れたいと思うのはあなた自身だけのせいだけではないからです。

繰り返しますが夫婦といっても元は他人同士です、考え方に違いがあって当然ですし、逆にまったく同じ考えとなるということはありません。

だからといってお互いの理想や都合を合わせるため、自分の気持ちを押し殺して我慢し続けると言うのもなんだか違うように思います。
それでも一緒になりたいとなればまたこれは別問題です。

相性が悪かったのか、それともお互いに思いあう気持ち、恋愛感情の波が合わなかったのかどうかはケースバイケースでしょう。

一度は愛し合って一緒になった仲です。妻の人格を尊重し、対等な立場で向き合える準備が必要かと思います。

 

妻に離婚を思いとどまらせるための方法

自分の機嫌は自分の責任と言われていますが、他人の期限気持ちというのは自分ではどうしようもないところにあるのが現実。

自分勝手な想いだけで無理やりなんとかしようとしても難しいものです。

  • 価値観の違いを受け入れる
  • 相手を立て、前向きな提案をする
  • 生活スタイルの違いを受け入れること
  • これまでの行動を振り返り改善できるよう対応する
  • 相談できる第三者を持つ
  • 腹をくくって話し合いを持つ

もちろん何かのきっかけやスイッチを押してあげることによって、相手の機嫌を良くしたりすることもできます。

女性は調和を大事にし、個人差がありますが自分のことを守ってくれ、常に共感をしてもらい、心が繋がっていることに幸せを感じたいものです。

『いつまでもお姫様扱い』ではありませんが、一度恋愛状態の頃の感情を思い出させ、安心感を感じさせることにより、妻の不安を少しでも和らげてあげることが大事なのではないでしょうか?

 

離婚直前のとき、知っておきたい夫婦関係の法律知識を解説

妻との離婚を回避したいのであれば、気持ちをなんとかしたいと同時に、今までしらなかった婚姻にまつわる法律も少し学ばなければなりません。
といってもあなたも悲しくて不安な時間を過ごしていてそれどころではないかもしれません。

これまで法律なんて考えたこともなかったかもしれませんが、このような事態になってしまうと嫌でも少し勉強しなければならないでしょう。

まずは基本的なことを押さえておきましょう。

  • 離婚を切り出されたからといって別れる必要はない
  • 両者が同意しない限り、強制的に離婚は成立しない
  • 法的に認められる法定離婚事由という条件

これらは民法という法律からなるルールとなります。

しかし、離婚となると法律的にこれからどんな展開になっていくのか、多くの方は初めてのことだと思いますので、なおさらのこと不安が大きくなるかもしれません。

本来は夫婦のこととなると気持ちの問題なのに、なんでもかんでも法律に当てはめて処理をしていかなきゃいけないというのはきついもの。
それでも、いやでもいろんな問題はお金のことにも変換されてるいう、どうしようもない流れでもあります。

もちろん、『婚姻関係というのはお互いに一緒に好きあって同居していく』という法律的に縛られた関係でしかなかったのです。逆に紙切れ一枚だけのものとも言えます。

しかし法律的には、婚姻という関係には国のお墨付きをもらっているものだから余計にやっかいなのかもしれません。
でも一方的に一緒に暮らせないと思われれば別です、法律的な関係で守り切れない事態にもなってしまいます。

なのでここで一度、婚姻関係についてのくわしいルールについてもっと学んでみるのもいいかもしれません。

-コラム