コラム

離婚を考え直したきっかけはどうやってつくればいいのか?

妻から離婚を考え直してもらいたいときにどんな行動をすればいいのかと悩んでいませんか?

人は誰でも日々の感情には波があるもので、好きも嫌いも流動的なものなのかもしれません。

がしかし、離婚したいと言われるとなるとかなりピンチです。

嫌いすぎてもう一緒に暮らしていけない・・・、好きって気持ちはほとんどないという状態だからです。

ここで離婚を考え直したきっかけについてのヒントを紹介していきます。

よろしければ参考にしてみて下さい。

 

離婚を考え直してほしいときのきっかけ作り

  • 素直に別れたくないことを伝える
  • 楽しかったときの思い出を話す
  • これから将来について話をする

 

離婚のデメリットは敢えて言わない

  • 経済面でのデメリット
  • 子供がいることでのデメリット
  • 家事など生活面でのデメリット
  • 社会的なデメリット

一般的な家庭であれば通常離婚してバツイチ、またはシングルマザーになるとデメリットがでてくるものです。

 

なぜ離婚したいと言っているのかを知ること

  • 相手の不満点を知る
  • 自分が不満点についてどう思うかを伝える
  • 言葉で言えない、言い忘れがないようじっくり時間をかけて手紙にする

妻もそのデメリットを知りながらも離婚をしたいと思っていることは相当なことです。
すぐに聞こうとしても感情的になっていればなかなか話してくれないこともあるでしょう。

 

状況を悪化させる間違った3つの対処法

  • 別居をする
  • 子供を理由にして離婚を拒否
  • 無視をしたり、人格を否定する

相手の感情はコントロールできないものです。
雲が流れていくように時とともに変わっていくこともあれば、曇ったり晴れたりのようなものでどうしようもないのです。

この状況を変えたければ、自分が妻の理想の人になれるようて変わっていくことが大事です。

離婚回避には男の器の大きさが必要

いろんな物事をもっと俯瞰しながら、小さなことにこだわってはダメです。

  • 妻の承認欲求を余すことなく満たすようにする
  • 妻の心が晴れるように、ストレスを減らしてやる
  • 被害者意識を持たずに自分の幸せ、妻の幸せを考える

 

-コラム