コラム

妻が離婚を考え直したきっかけは、他の人はどうやってつくったのか?

妻から離婚を考え直してもらいたいときにどんな行動をすれば、きっかけが作れるのかと悩んでいませんか?

人は誰でも日々の感情には波があるもので、好きも嫌いも流動的なものなのかもしれませんが、離婚したいと言われるとなるとかなりピンチな状態です。
嫌いすぎてもう一緒に暮らしていけない・・・、好きって気持ちはほとんどなく今すぐにでも逃げ出したいというからです。

ここで離婚を考え直したきっかけについてのヒントを紹介していきます。

今の自分の状態を考えて、ここで離婚をしたら後悔するのかどうか後で悔やみたくないのなら色々と対策を考えるべきでしょう

 

離婚を考え直してほしいときのきっかけ作り

もう本当に妻とは無理かもしれない。

あなたの夫婦関係の状況は、妻との関係を良くしようと悩みながらも、会話といっても子供を通しての伝える感じになってませんか?
もちろん食事はずらされて別々、もちろん二人だけで出かけることも全くないのも危険です。

離婚回避しようと何度も話しても相手の気持ちは変わらず、仕事も手につかずつらくて不安な日々を過ごしている。

そんな時にまず知ってほしいのが、人は他人を本質的に変えることはできないということ。
もし妻の考え方が間違っていると論理的な話をするのであれば、逆効果にもなりかねません。

ここでほんとうに離婚を考え直してほしいときのきっかけとして次のようなことが考えられます。

  • 素直に別れたくないことを伝える
  • 楽しかったときの思い出を話す
  • これから将来について話をする

女性は一度決心したら、男性よりも頑固とも言われています。
男性にもありますが、追われるより追いたいのです。

だからこそ、あなたが必死になればなるほど、妻は逃げたくて仕方ないと思うことでしょう。

 

離婚した女性のデメリットは敢えて言わない

夫婦がいざ離婚となると結婚よりも大変と本当にハードルが高いものですが、それ以上に別れたあとの生活が変わります。
もちろん妻が望んだ状況になるわけですが、それでも自由に1人になれる一方でより多くの壁が待ち構えているは間違いないでしょう。

さらに、当事者の周りにも大変な迷惑がかかりますし、なかなか自分だけの感情だけで乗り越えられるものではありません。

  • 経済面でのデメリット
  • 子供がいることでのデメリット
  • 家事など生活面でのデメリット
  • 社会的なデメリット

これらのように一般的な家庭であれば通常は離婚してバツイチ、またはシングルマザーになるというデメリットがでてくるものです。

もちろん離婚が成立すれば、パートナーと暮らす中で日々ストレスをためていた原因がなくなり、精神的には安定するでしょう。しかし、金銭的なこと、または子供がいる場合など多くの場合は完全に自由にはなれないことがあります。

こういったデメリットは分かっていながら、それでも妻は離婚したいという決心があるのなら、男性特有で論理的に話して離婚を回避しようとすると、おそら逆上してしまうことでしょう。

ですから、敢えてこれらのデメリットのことはなるべく避けながら、妻の心に届くような行動、言動に注意しなければなりません。

 

なぜ妻が離婚したいのかの理由を知ること

夫婦として長い時間一緒に過ごした結婚生活の中で、大体の見当はつくのではないでしょうか?

愛し合って結婚し同居生活を始めた夫婦ですが、時間が過ぎるとともに一度や二度は別れたいと頭に浮かんだことがあることでしょう。

夫婦が離婚するかしないかというのは今後の人生において非常に大きく影響する選択肢となります。
だから妻としても決断するかどうかを迷ってしまうのは当然です。

それ以上に別れたいという理由が強力であればあるほど、迷いがなくなります。

一般的に「性格の不一致」という理由が多いのですが、実際は100組の夫婦がいれば100組分の離婚原因があるものです。
見当違いの思い込みのまま、理由を解決しようと行動してしまうが一番よくありません。

ここでは、妻にはどういった原因があるのかはっきりさせた方がいいでしょう。ではどんな方法で分かるのかというと。

  • 話し合いで相手の不満点を聞く
  • 自分が不満点についてどう思うかを伝える
  • 言葉で言えない、言い忘れがないようじっくり時間をかけて手紙にする

離婚したい理由をすぐに知りたいとしても、妻が感情的になっていればなかなか話してくれないことでしょう。
だからと言ってあなたも同じように声を荒げてしまえば、負のスパイラルに落ちてしまうのは目に見えています。

ひとまずはお互いに冷静になる時間、場所を選ぶべきです。

妻も離婚するデメリットを覚悟しながらも別れたいと思うことは相当な感情の大きさであることを理解しながらうまく行動することが大事でしょう。

 

夫婦関係を悪化させる間違ったつの対処法

ほんの些細なことが積もり積もった離婚問題。
もともとは赤の他人同士が共同生活をするのですから、当然に衝突することは間違いなくあります。

夫婦喧嘩で逆に良いガス抜きとなって夫婦仲が改善する場合もあれば、ますます関係が悪化するケースもあります。
さらには、わざと夫婦喧嘩にならないようにうまく避ける夫婦もいることでしょう。

しかし多くの場合は、お互いに感情的になると夫婦関係を壊そうとしてしまうものです。

なので夫婦関係が悪化しているのであれば、次のようなことは避けるべきです。

  • 別居をする
  • 暴力をふるう
  • 子供を理由にして離婚を拒否
  • 無視をしたり、人格を否定する
  • 弁護士に調停の相談して事態を大きくしてしまう

両親のところなどに別居をしてしまうとお互いに浮気や不倫の可能性が高まりますし、人格を否定すればもはやもう後戻りはできません。

夫婦関係の改善に向けて努力をしなければいけないのに、うまくできないのも仕方ありません。

他人の感情の波というのは、雲が流れていくように時とともに変わっていくこともあれば、曇ったり晴れたりのようなものでどうしようもないのです。

相手の感情はコントロールできないものなのに、自分の心までコントロールできなければなおさらです。

この状況を変えたければ、絶対に復縁するという強い気持ちをもち、最後は自分自身が変わっていこうとする決意が大事なのです。

 

離婚を考え直すきっかけづくりには男の器の大きさが必要

いろんな物事をもっと俯瞰しながら、小さなことにこだわってはダメです。

自分のやりたいことやわがままな部分はあっても、何事もやりすぎは禁物です。

せっかく一緒に暮らしているのであれば、パートナーへの気遣いを忘れてはいけません。

  • 妻の承認欲求を余すことなく満たすようにする
  • 妻の心が晴れるように、ストレスを減らしてやる
  • 被害者意識を持たずに自分の幸せ、妻の幸せを考える

多くの女性は誰かに守ってほしく、頼りたいもの。

まずはあなたがしっかりとした強い男性になるべき、男の器が大きくなるよう努力しなければなりません。

常日頃は妻の気持ちには共感しながら、いつでも味方というスタンスを見せていければ、きっとあなたの違った魅力がみつけてくれるかもしれません。

一緒に過ごして幸せな時間を過ごせると想像できるようになれば、妻はまたあなたとの生活を選んでくれることでしょう。

 

-コラム