コラム

夫なしで生きていける妻の共通点ってあるのか?

そもそも、パートナーと一緒にいなくても一人でも生きていけるという女性は存在します。

彼氏が欲しい、好きな男性と結婚して幸せな家庭を築きたいという女性もいますが、現代では結婚しないとなんだかヤバイという風潮があり、無駄に焦っている女性もいます。結婚はゴールではなく、始まりということは、実際に一緒になってみないと分かりません。

誰かと一緒にいないことで不安や孤独を感じてしまう人は、女性特有の誰かに守られたい欲求が働いていることでしょう。

では、どんな女性であれば結婚せずにいわゆる「おひとりさま」の毎日を楽しめているのかを紹介していきます。

離婚を決意した妻の行動|妻を気持ちを癒し離婚意思の心を改めたい

続きを見る

 

夫なしでも生きていける女性の特徴

未婚女性には、大きく分けて「結婚しない女性」と「結婚できない女性」の2パターンが存在します。

まず、「結婚できるのに結婚しない女性」です。その理由は人によって異なりますが、何らかの意図で結婚を選ばない女性もいます。結婚に必要性を感じない女性や自分の時間を自由に使いたい、収入を自由に使いたいなど、さまざまな要素があります。

もう1つのパターンは、「何らかの理由で結婚できない女性」です。例えば、容姿は美しいが性格が悪い人や八方美人すぎて異性関係が安定しない人などが該当します。

また、結婚しなくても男性からの注目を受けることで満足感を得られるため、たった一人の誰かとの関係に制約されることに抵抗を感じる女性も存在します。

では、あなたの妻はどのパターンに当てはまるのでしょうか?

  • 自立した仕事や人脈をもっている女性
  • 仕事を得るための努力ができる人
  • 収入がなくても暮らせる財産がある人
  • 収入に直結する資格を持っている人
  • 実家に戻れる人

でも、恋愛していつもドキドキしたいと思っているし、ちょっと裕福な人が自分に好意を持ってくれるなら、知らなかった世界や幸せな時間をより得られるかもしれません。

ただし、女性は美しくてモテるだけではずっと続かないものです。

もちろん、人によりますが、35歳での高齢出産のハードルや歳を重ねることでどんな美しい花でも劣化してしまうという現実があります。

女性であれば、それはよく分かっています。

「夫から離れると不安」「1人で何をすればいいのかわからない」と、一人で不安や孤独を感じてしまう人は、もしかしたら夫依存症の可能性があります。

ただ単に夫が好きすぎるだけかもしれませんが、過度の不安を感じるのは健全な関係とは言えません。

もしかすると、もともと一人でも生きていけるタイプの女性が離婚するのか? それとも、困難な離婚を乗り越えたことが彼女を強くしたのか?

そのケースはさまざまでしょうが、「強く見せかけなければやっていけない。

しかし、本当はそんなに強くないのです。

「時間が経てば、ただの年を取った女性になるから、若いからといって見た目だけで判断するのはよくない」と誰かが言っていました。

それでも女性だからこそ、たくましく一人で生きていける人が存在するのです。

 

うまくいってない?夫婦で離婚しやすい夫婦の共通点とは

男女の恋愛から結婚へと、いわゆる他人同士の共同生活が始まると、最初はラブラブでも気持ちは数年で薄れてしまうのは、古今東西仕方のないことです。

では、夫婦としてどのような結婚が離婚しやすいのかを見てみましょう。もちろん、一般的な傾向になります。

  • 夫婦の生活リズムが異なる
  • ちょっとした不満が言えず積もっている
  • 男性側が社交的で、妻のほうが内気
  • 妻側がキャリアウーマンか実家がお金持ち
  • 大恋愛で結婚している
  • 共通の知人がすくない
  • 好き嫌いが夫婦でズレている
  • お互いに被害者意識を持っている

夫婦が長年一緒に暮らしてみると、好きという気持ちでスタートしても、相性が良くない場合は長期間100%うまくいくことはほとんどないと分かります。

どれだけ相手を気遣えるか?どれだけ我慢できるか?

また、一緒に暮らすことのメリットを打算的に考えながら生活することが多いのではないでしょうか?

 

なぜ妻は夫との将来が見えなくなったのか

男性である夫は、妻とは異なる社会で生きており、お互いの視野には必然的にギャップが生じることは避けられません。

例えば、サラリーマンであれば常に競争やストレスとの闘いに直面しており、普通の日常では妻には理解し難いことです。しかし、ここで女性ならではの意見を述べることもあるでしょう。

  • 結婚して普通の幸せな生活がしたかった
  • 周りの家族と比べてしまって
  • 育児や家事についての価値観が違う

男性であれば、激動の変化の中でプライドとストレスに立ち向かいながらも、家庭のために稼ぎ続けたいという切実な思いを抱き、必死に努力していることは理解できます。しかし、妻にとってはその世界は理解しがたいものであり、関係のないものとなるのは事実です。

そのため、妻は女性の視点からの希望や要求を持ち出す傾向があります。それに対してコミュニケーションを続けることが難しい世の中になっていると感じます。

自分の幸せのためにやりたいことと、妻や家族のために自己犠牲をすることという選択は常に存在すると考えられます。

妻は将来のあり方や家族との日々の幸せを考えるでしょう。

ここで重要なのは、あなたが日常のストレスを取り除きながら、どれだけ深く関わりながら共に歩んでいけるかという、男性の器量が問われる瞬間かもしれません。

離婚を決意した妻の行動|妻を気持ちを癒し離婚意思の心を改めたい

続きを見る

-コラム