コラム

妻と離婚回避ができる手紙の例文|謝罪と気持ちが伝わる書き方

離婚回避 手紙 例文

妻と離婚回避ができる手紙の例文があるのか知りたい。

手紙を書こうとしても何を書いたらいいのか分からないと悩んでいませんか?

他でも妻の気持ちを変えるには手紙が効果的という記事が多くでています。
でもどんな内容のものを書けばいいのか分かりません。

離婚を考え直してもらうための手紙を書き方として、書いてはいけない内容もあります。

  • 相手の気持ちを考えず自分中心でひとりよがりなこと
  • 言い訳や嘘をついたり大げさなマッチポンプを狙ったもの
  • 的外れなことばかり謝ってしまう

それでも何を書けばいいのかわからないと思います。

ここでは離婚回避の手紙について紹介していきます。

 

妻と離婚回避ができる手紙の例文ってあるの?

離婚を思いとどまらせるにはまず、簡単には諦めないことと言葉選びが重要なポイントになります。
離婚しない方法のテクニックともいえるのは、離婚をしたい気持ちから相手を遠ざけることが鍵を握ります。

相手が感情的になっている場合は、まずはお互いに冷静になることが肝心だといえますがなかなか難しいと思います。

  • 妻と子供と別居、自分一人ぼっちの生活へ
  • 子供と会える時間が制限されてしまう
  • 妻から離婚宣告され養育費に追われる日々
  • 子供が精神的に参ってしまい将来が心配
  • 別居という不安定な状況のまま先が見えない

妻は今何を考えているのか?問題はどこにあるのか?

感情的な時は何を言っても反発する恐れがあるので、少し頭を冷やす時間を設けるのが望ましいです。
また、状況を一度整理した上で、現実的な話をしていくべきかと思います。

子供がまだまだ小さいのであれば、親子で離れ離れになるのは子供にとって可愛そうだと伝えることが、思いとどまらせることに繋がります。

ただこれだけでは不十分なので、離婚の決断は関係修復に取り組んでからでも遅くない、一度関係を立て直すチャンスが欲しいと伝えるのもポイントです。

離婚回避でやってはいけないことは、自分も感情任せに思っていることを口に出してしまうことです。
お互いが感情をぶつけ合っても埒が明かないばかりか、状況は悪化する一方で離婚は秒読みとなるでしょう。

自分は離婚したくないと思ってみても、「あくまでお互い冷静になるための冷却期間だから」と妻にしがみつき、自分は離婚反対の思いをぶつけてしまう

でも妻は、数少ない電話や子供との面談時に分かるのは、「早く離婚したいと離婚の手続き」のことしか頭にないのかもしれません。

それではまずいです、妻の心を動かせる言葉があるのなら知りたいですよね。

もう一度家族みんなで仲良く暮らせる方法を見つけたい

でもどうやったらいいのか分からない。

このままだと家族みんなの生活がバラバラになってしまい、みんなが不幸への道へと一直線に進んでしまうかもしれないと思うと苦しみにいっぱいになることでしょう。

これはどうしても避けたい選択肢と思いませんか?

妻に気持ちをうまく伝えるにはやはり、夫婦関係修復として手紙を書くのが効果的となります。

 

妻の気持ちを変えて、離婚回避できる手紙の書き方

妻に気持ちを変えてほしく少しでも早く手紙を書きたいのに、どんな内容を書けばいいのか分からない。
へたに書いて逆に怒りが増えてしまったらどうしようと思うかもしれません。

妻の意思、別れたい理由や気持ちを尊重しながら手紙を書きましょう。

離婚回避に不可欠なのは相手を許容すること、多少の不満には目を瞑ることが大事で、つまり離婚回避は 受け入れることに尽きます。

つまり離婚したいという妻の意思をまず認めるということです。妻の考えを受け入れながらやんわりとその選択を広げていくようなイメージ。

相手に腹が立ったりイライラすることもあるでしょうが、本気で離婚を思いとどまらせたいなら、自分が寛容になることが欠かせないのです。

寛容になれば多少のことで感情が乱されることはありませんし、余裕を持って相手の言葉に耳を傾けたり、自分の言葉を冷静に伝えられます。
この段階に至ることで、ようやく離婚を思いとどまらせる準備ができたことになります。

 

妻と離婚回避ができる手紙の内容7つのポイント

  • 丁寧な文字、言葉遣いを意識して想いを伝える
  • 「離婚したくない」より妻の心を動かす謝罪文
  • 妻への今までの感謝を具体的にあげる
  • 自分にとって妻のことがいかに大切かを伝える
  • 今後の具体的な改善策と理想の明るい未来を提示
  • 手書きにこだわる
  • 返事を求めない

しかし、このまま書いても復縁できるような100点の手紙なんて書けないものです。

手紙のポイントは、妻の気持ちをいかに理解しているかということにあるからです。

でも妻が今何を考えているか分からない、どうすればいいのかと悩むことでしょう。

  • 妻の心を動かせる言葉と行動がわかる
  • 前向きな気持ちで対処できるようになる
  • 妻である女性特有の気持ちがわかりリードできる
  • 自分がこれからどうしていけばいいのか分かる
  • 専門家からだのアドバイスで離婚の周辺知識が分かる

妻がどうして離婚をしたいと思ったのか、どうして怒っているのかを知らなければ、今のピンチはどうやっても乗り越えることは難しいでしょう。

「人は人を変えられない。人を変えることができるのは自分だけ」と言われています。
自分が変わり、妻や家庭の空気を変えていけば、これまで以上の理解が深まる家庭を再構築できるのではないでしょうか?

妻は結婚してからは将来的な幸せなプランを考えていたはずです。
誰も、離婚しようとして結婚するわけではありません。

夫婦間の亀裂を生まないためにも、そのプランに沿えて安心できるような気持ちになれる言葉をかけていく必要があります。

それから楽しかった思い出を呼び起こす言葉だったり、思い出話をするのも良いでしょう。相手が離婚を考えるほどに感じてる不満の原因があって、その原因に心当たりや責任がある場合は、素直に認めて謝罪を言葉にするのも大切なことです。

あまりしてはいけないのが離婚しない方が良いメリット、離婚するデメリットを主張することです。

女性は感情的な生き物なのでやさしい言葉をちりばめてやさしい気持ちで包み込んであげるくらいのものが大事。
それでも相手の気持ちが強くて回避がどうしても難しそうなら、一時的に別居という形で冷却時間を稼ぐのは最終手段となります。

 

離婚回避の手紙のタイミング

妻への手紙を書くタイミングは難しいものです。
もちろん手紙を書くにはあなた自身が冷静になっていることが前提となります。

人にもよりますので、妻の怒りが収まり冷静になっているであろうときを狙うのがいいでしょう。

長年連れ添ったあなただからこそ妻の性格を分かっていると思いますので、あなたが感じるタイミングがいいでしょう。

もし、もうすでに時間が経っているなら少しでも早く手紙を送ってください。
時間が経てば経つほど妻は離婚の準備を進めてしまうかもしれないからです。

 

離婚回避を手紙だしたその後

仲直りできずに離婚となると何十倍、人によっては何百倍ものお金が動いてしまいます
さらに、家族一人ひとりの未来がめちゃくちゃになってしまいます。

妻の気持ちを変えたい、離婚を考え直す手紙を書きたい、火種が少しでも小さいうちに動かなければ、家族みんながとんでもないことになります。

人生の岐路に立たされているあなたが、今まさにとるべき行動で離婚回避をするべく手紙を出したその後はもう祈るしかありません。

ここまでやりきったのにダメだったと思うのであれば仕方ないとあきらめることも一つの選択です。

 

-コラム